W究極凄馬記念<2020年4月>

久しぶりのダビマスネタです。W究極凄馬記念が開催されているので、10連を3回行いました。

W究極凄馬記念のガチャ結果

今回は、究極凄馬記念のガチャを10連3回だけ引いてみましたので、公開します。

1回目

星5が2枚、凄馬はなしも、新規種牡馬が1枚ならギリギリ合格でしょうか。

2回目

星5が4枚で、うち凄馬は3枚。まあまあかな。

3回目

星5が3枚も、凄馬1枚。これは微妙。

究極凄馬記念のガチャで新しくゲットした種

持っていなかったディスタントリラティブ。ハビタットの直仔で、1990年のサセックスSとムーランドロンシャン賞の勝馬です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

第80回桜花賞