第36回フェアリーS

1月13日に行なわれる第36回フェアリーSの予想を行います。

第36回フェアリーSの枠順

枠順は以下のとおりです。

第36回ホープフルSの傾向

では、レース傾向を見て行きます。

・過去の血統傾向<ダンチヒ系、父ディープインパクト>

18年2番人気1着プリモシーン<母父Fastnet Rock《ダンチヒ系》>、19年3番人気1着フィリアプーラ<父ハービンジャー《ダンチヒ系》>、とダンチヒ系が2年連続1着。

また、15年8番人気2着ローデット、15年3番人気3着テンダリーヴォイス、18年2番人気1着プリモシーン、18年7番人気3着レッドベルローズと父ディープインパクトも注目です。

→本年の注目馬は5番ボレンティア<母父Orpen《ダンチヒ系》>、1番スマイルカナ<父ディープインパクト>

・過去の枠順傾向<枠順はあまり関係なし>

内枠外枠まんべんなく来ている印象。

・リピーターレースか否か<ー>

3歳限定重賞のため、傾向はありません。

第36回フェアリーSの結論

結論

◎ 5番 ボレンティア

△ 1番 スマイルカナ

△ 11番 アヌラーダプラ 

本命は、母父ダンチヒ系で人気もそこそこの5番ボレンティア。相手は、唯一のディープインパクト産駒1番スマイルカナと社台の1番人気馬で。

第36回フェアリーSの買い目

3連勝を目指します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

第69回中山金杯回顧

次の記事

第36回フェアリーS回顧